読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1by1

つまりはそういうこと。

長いは短い。近いは遠い。熱いは冷たい。冷たいは熱い。

今更ながら報告も兼ねて。 

 

○年振り、×回目のなんとやらです。

まぁ……仕方ないですよね。

 

 

どこかのアカウントはツイートを削除できるものは削除して、

来年、暖かい季節になる頃まで放置して再開する位で丁度いい。

そんな風に思っていました。

 

ふと、朝食の支度の最中、このままで良いのか?

仮にあのアカウントを再開したとしても何も変わらない。

それではまるで意味を成さないのではないか?

 

結局、アカウントの削除を選択しました。

 

殊にSNSに限った話という訳ではありませんが、

相手の姿形が見えない場所・空間において名前によるイメージは、

どうしても強く影響し、左右されてしまうもの。

(勿論、諸々の説明不足を含めて自業自得なのでしょうけれど……)

 

 好きを叫ぶ、表現できる場所は一つに限りません。

そして、どこでだって、その姿を追い求めることはできます。

 

見えるものが増えると、どうしても嫌なものも見えてしまう。

遠ざけようとするより、自分から離れてしまった方が楽になれる。

少し落ち着いた気分で向き合えるようになった自分でした。